未払いの残業代を請求するために必要なこと

労働者は残業した以上は残業代を受け取る事が出来ます。これは労働基準法で定められている事であり、たとえ会社側が残業代が出ないからなどと言っていたとしても、そうした規則は無効となります。もしも、残業をしていたにもかかわらず、残業代が全くもらえなかったり、十分な賃金でない場合は未払い分を請求すれば受け取る事が出来る可能性があります。

ただし、そのためにはしっかりとした準備を行う必要があり、証拠が無ければ会社は応じる事は無いです。未払い分の賃金を受け取るためには、具体的にどの程度の未払い賃金があるのかを求める必要もあります。未払いの残業代があるという事は分かってはいても、実際にそれがどの程度であるのかを求めるのは大変です。

しかし、大変とは言っても先ほども述べたように漠然と請求するだけでは会社側はまず応じてはくれないです。そのために、きちんとした請求を行うためにも残業について知る必要があり、残業の計算方法についても知っておく必要があります。

同時に証拠集めも行う必要があります。それもいくらでもあとから改ざん出来るような証拠ではなく、客観的にも認められる証拠を集める必要があります。賃金の計算方法を明確にするために、雇用契約書を用意して置いたり、実際にどの程度残業したのかが分かるように、タイムカードのコピーを取っておく事も証拠として有効です。

逆に手帳への残業に関するメモ書きなどは証拠としてはあまり効果が無いです。会社に請求してからでは証拠集めは困難になるので、準備は慎重に行う事が大事です。

残業代請求の弁護士費用はこちらでチェック!

【残業代の未払いの最新記事】